Yusuke Business Blog Written by Yusuke

マーケティングとは?【意味・種類・戦略の考え方を順番に解説】

マーケティング

  • マーケティングって結局どう言う意味?
  • マーケティングにはどんな種類があるの?
  • マーケティングの具体的な手法は?

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

本記事では、マーケティングの意味や種類、具体的な手法をまとめました。
これから自信で事業をされたい方や、ビジネスに興味がある方は、これを機会にしっかりインプットしておきましょう。

マーケティングとは?本質的な意味を解説

マーケティングとは一言で言うと、「商品やサービスが売れる仕組みを作ること」です。

  • 市場調査
  • 商品・サービス開発
  • 広告宣伝
  • 販売促進
  • 営業
  • 販売

具体的にはこれらの工程を含んでいます。

「商品を売り込むこと」がマーケティングと認識間違えをしている人も居ますが、これはあくまでも営業行為であり、マーケティングの一部に過ぎません。

つまり、マーケティングとは「商品やサービスが売れる仕組みを作る」ための一連のプロセスのことを指します。

しかし、時代の変化と共に人々のニーズや価値の捉え方も変化しています。 昔と同じ方法で商品やサービスを売っても生き残ることが難しいことから、マーケティングも時代と共に本質的な考え方が変化しています。 こちらはマーケティングの時代変遷の記事にまとめています。下記よりご覧ください。

 

マーケティングの種類

商品が売れる仕組みを作る方法については無数に存在しますが、中でも代表的な種類を3つご紹介します。

マスマーケティング

マスマーケティングとは、不特定多数の顧客に対してプロモーションを行うマーケティングです。
代表的な方法として、テレビCM・新聞広告・雑誌広告などがあり、マスメディアを活用しているものになります。
直接的に購買に繋げることよりも、多くの人に認知の拡大やイメージUPの手法として使われることが多いです。

ダイレクトレスポンスマーケティング

広告やWebサイトから反応(レスポンス)があった顧客に、商品やサービスを直接(ダイレクト)アプローチし、販売、契約につなげるマーケティング手法です。
何らかのレスポンスやリアクションを行った見込み顧客をターゲットとします。
そのため、該当の商品やサービスに少なからず興味をもった顧客を選別できることから、マスマーケティングのように不特定多数を対象とした広告に比べて、費用対効果が高いとされています。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは、WebサイトやSNSなどで役立つ情報を提供し、自社を見つけてもらい、見込み客を獲得・育成していくマーケティングです。
インターネット検索やSNS検索で見つけてもらう為の対策が必要となるため、効果が出るのに長期間要することが多いです。
しかし、他の手法と違い低コストで実現可能な点がメリットとなります。

マーケティング戦略の考え方

マーケティング戦略を考える際の手順を理解していれば、あとは一つ一つコマを埋めるだけです。

  • 市場調査
  • ターゲット選定
  • ターゲットのニーズ理解
  • 具体的にマーケティング施策を検討

手順を理解し取り組むことで、あなたの進むべき方向性がハッキリし事業・ビジネスが成功する可能性が飛躍的に向上します。

1.市場調査

まず、あなたが参入しようとする市場の状況を知らないことには始まりません。

  • 市場の規模やトレンド
  • 競合他社の強み、弱み
  • ライバル各社のターゲット、戦略

市場調査と言っても様々な要因を調査する必要があります。
市場調査なしに事業・ビジネスを始めるのは目隠ししながら進もうとしているのと同様なので妥協せず取り組むことをお勧めします。

2.ターゲット選定

市場調査のデータをもとにあなたは「どのターゲット層に参入するのか?」を明確化します。
ターゲット層を絞ることで具体的な戦略や広告媒体などに違いが出てきます。
特に広告宣伝・販売促進活動の際にターゲットが明確化されているだけで予算を軽減させることも可能なのでアバウトに決めず、なるべく具体的に(性別・年齢・地域・所得・職業など)選定しましょう。

3.ターゲットのニーズ理解

ターゲットが決まれば、決定したターゲットのニーズを理解する必要があります。

  • 何を求めているのか?
  • 何に期待しているのか?
  • 何を解決したいのか?

ニーズを理解し満たされることを顧客は最低限の条件としています。

4.具体的にマーケティング施策を検討

ここまで来てようやく、何を・いくらで・どこで・どのように売るのか?の案を検討します。

事業やビジネスで失敗する人のほとんどは、1〜3の工程を無視していきなり「どうやって売るか」を考えてしまっています。

各工程を具体的にどのように進めるのか?については、【徹底解説】中卒でも分かるマーケティング分析で解説しています。

応用の前に基礎作り

新たに事業・ビジネスを始める人でいきなり他社との差別化を図ろうとする人がいますが、差別化ばかり考えると肝心の基礎がガタガタになります。

本記事でご紹介したことは枠組みを作るための基礎です。
まずは、あなたの枠組みを明確にし応用に活かしてください。